菊次郎のつれづれ日記

人生と絶賛格闘中。最近はメンタルの話が多いかも。

誰かの期待に応えようとしない、という生き方が大切なのかも。

 

その前日にはこんなことをつぶやいてました。

FF12TZA 弱くてニューゲームにおける序盤のジョブ選びについて【執筆途中記事】

(執筆途中の記事です。モチベーションが高まれば追記します。)

 

この記事ではPS4/Steam版FF12TZAにおける「弱くてニューゲーム」における序盤のジョブ選びについての考察を行った。なかなかの長文なので、目次を参照されたし。

  • 序盤のジョブ選びで注意すべきこと

序盤のジョブ選びにおいて注意すべきこと、それはHPライセンスと継続回復能力である。

まずはHPライセンスについてお話ししよう。

何を言ってもまずはHP。弱ニューではレベルが1~3なので、HPも100前後だったりする。これではその時の最強防具を揃えても雑魚敵の攻撃に耐えることさえ難しい。

そのため、ライセンスでHPを上げられるジョブを序盤に選択しないと、戦いどころではないのだ。それもライセンスボードのスタート位置から近くにHP+があるジョブを選ばなければならない。

 

次に継続回復能力についてだ。

続きを読む

【日記】適当に、根詰めずに生きていく。

2018/6/17(日)

適当に、根詰めずに生きていく。ってことなんだろうか。

この土日は、なんというか無常感に襲われて、今後どのように生きていけばいいのか、よくわからなくなっていた。考えることの大半は簡単には叶わないものだし。そうなってほしくないな、ってことが当然のようにそう動いていく。そういった諸行無常感。

うつからの脱却には、「自分はミスをしてもいいんだ」という感覚が必要なのかも。

今日の気づきを備忘録として書いておきます。

 

私が3年近くうつ状態に苦しんできた理由が少しわかったような気がしました。

それは「自分はミスをしてもいいんだ」という感覚です。

この感覚に気付かなかったからこそ、自分はうつ状態をなかなか抜け出せなかったのかなと今思っています。

 

振り返ってみれば、今までの私は、「ミスは許されない」という世界観で生きてきたのかなと思いました。親の存在でさえも、彼らの期待や要求に「成功」という形で答えなければならない「クライアント」として感じていたのかもしれない、と今思っています。

 

今までの自分を束縛していたのは、「自分の失敗は絶対に許されないこと。失敗したら終わりなんだ。見放されてしまう。」という強迫観念にも似たものだったのかもしれません。

だったら、これからの自分に認識させた方がいいこととは、

失敗してもいいんだよ。それですべてを見限ったりはしないんだから。

という認識を実態として経験させることなのかもしれません。

 

他人に自分のちょっとカッコ悪いところを見せている番組を観た後に、自分の体調が楽に感じたことからこの感覚に行きつきました。

この記事が、今も何らかのうつ状態に苦しんでいる人達の一助になってくれればとても嬉しいです。

 

【お薦めゲーム紹介】自分が今までプレイしたゲームを並べてみた【執筆中】

書けるところまでお薦めのゲームを紹介してみた。執筆中の記事です。

 

PS4

☆ニーアオートマタ

 なかなか値下がらないゲーム。自分は5000円のセールの時に購入しました。

 

ペルソナ5

 今、最も世界に誇れるJRPG。ゲーマーを自負するならぜひ触っておきたい一作。

 6000円払ってでもプレイする価値はありますよ! 

 

☆Diablo3 リーパーオブソウルズ

 ハック&スラッシュの決定版。最高の作業ゲー。なぜなら作業が超面白いから。

 3000円で100時間は余裕で遊べる。 

 

☆Enter the Gungeon

 弾幕2Dシューティングローグライクゲーム。1500円で買える。人のプレイを見る

 より自分でやってみた方が面白さが分かると思う。Switch/Steamでも発売中。

 

続きを読む

【勉強法】問題集を使った基本的な勉強のやり方

病気で休養中のこの頃、高校数学・物理・化学の問題集を趣味で解いたりしている。

そこで今回は、問題集を使った基本的な勉強の仕方について、自分なりのやり方を備忘録としてまとめた。取りたてて特別なことは書いてありませんが、念のため。

  • 問題集は最低2周はやる。もうその問題集を使わなくていいや、くらいになるまでの実力完成を目指す。
  • 1周目は問題に取り組む際にチェックを入れながらやる。〇・△・✖の三種類。
  • 〇:1周目で正答できた問題。2周目は無理に取り組む必要はない。
  • △:1週目で正答できなかった問題で、解説を読んで理解できた問題。2周目は必ず取り組み、正答できるようになるまで周回を繰り返す。
  • ✖:1週目で正答できなかった問題で、解説を読んでも理解できなかった問題。こうしたものは教師に質問するなり、教科書や参考書を読み込むなどして、疑問の解決にあたる。この問題を正答できるようになることが志望校合格への何よりの正道
  • 2周以上取り組んだうえで、全ての問題に〇がついたら、その問題集のレベルの実力は完成したということ。さらに上のレベルの実力が志望校合格に必要な場合は、そのレベルの問題集に新たに取り組む。

今のところ書けるものとしては以上。書きたくなるものが浮かべば追記します。

最近のツイートを3つ抜粋してみた。