菊次郎のつれづれ日記

ゲーム・政治・その他諸々、様々な物事の"本質"を解き明かしていきたい

久しぶりに雑記でも。

こうしてブログに何かを書くのは久しぶり.

なかなか自分の思うようには進まないこの頃.

それでも少しづつ,何かを学びながらやっていくしかない.

 

焦りは禁物.0から100にいきなりなるのは無理なのだから.

まずは0から10にするところからきっちり焦らずやっていこう.

大丈夫.理想の自分にはなれなかったが,現状から少しづつ動いていこう.

そうやって自分を少しづつ,褒めていきながら生きていきたい.

今朝,とても不思議な「夢」を見た.

今朝,とても不思議な夢を見た.

なぜか,起床時にとても不思議な感動をしていた.

その夢だけで,僕は生きていけるような気がした.

 

あれは,ひょっとしたら別の世界線の自分なのかもしれない.

そんな感想を抱いてもいる.

 

不思議だ.今考えても不思議だ.

ヒトの見る夢には,そんな力が宿っているのだろうか.

なんだか生まれ変わったような気分だ.

これを,人は「奇跡を見た」とでも言うのだろうか.

 

その夢にいた自分を,僕は悪くないなと思った.

そして,願わくばそうありたいものだと思った.

 

夢って,不思議な力がある.

「夢はね,君の原動力なんだよ.」って松岡修造さんも言っていたような気がする.

 

非常に不思議な体験をした,今朝の出来事でした.

「攻撃力を好きに上げられてこそ」のRPGである

自分の好きなRPGとは,攻撃力を上げようと思えば,リソースをつぎ込むことのできるRPGである.

 

FF5を久しぶりにやって気づいたことである.

ナイトのジョブレベルを3まで上げると,「りょうてもち」というアビリティが取得できる.これは片手用の剣・刀・斧を両手に持つことで,敵に約2倍のダメージを与えることができるアビリティだ.その代わり盾を装備することができなくなるが,敵を一撃で倒すことができる点で非常に魅力的なアビリティである.

 

ここで考えてみたいことがある.もしこの「りょうてもち」というアビリティがFF5に存在しなかったらどうだろうか.個人的な感想だが,序盤から中盤にかけての楽しみの半分がなくなると言っても過言ではない.それだけ私は攻撃力という概念に重きを置いている.

 

「攻撃力を好きに上げられてこそ」のRPGである.

最近のつぶやきをいくつか抜粋.

若者は未熟である.而してそれが最大の武器になる.【執筆途中記事】

なんてことを最近思う.

 

自分の過去のブログ記事を読み直してみたが,なんとまあ稚拙なことだろう.

もっと高度に書けないものか,と半ば呆れてしまった.

他人の批判をするにももっと上手い書き方があるだろうに.

これでは他人のことを笑えない.それこそ失笑ものだ.

 

だが今はこのような経験を積み上げるほかないのでは,と感じてきた.

自分は「老成」という言葉に一つの魅力を感じている.

自分も早くそうなりたいものだ,とはやる気持ちがある.

 

(久々に書くとまとまらない記事になってしまうな.とりあえずここまで.続きは書きたくなったら書きます.)

2017/04/13 今日のつぶやき

FF14って、スポーツだったんだなぁ。

こんにちは、菊次郎です。
今回の内容は前の記事の続きになります。
一番言いたいことはタイトルの通りなのですが…

FF14飽きたなんて言っておきながら、今もやってる野郎です。呪術師って、楽しいね。

今は幻術師のレベルをfateでレベリング中。
ヒーラーで潜ってみたくなったので。

とりあえず今日はここまで。今週も良い一週間になりますように。(今日は火曜日だけど)