菊次郎のつれづれ日記

ゲーム・政治・その他諸々、様々な物事の"本質"を解き明かしていきたい

「攻撃力を好きに上げられてこそ」のRPGである

自分の好きなRPGとは,攻撃力を上げようと思えば,リソースをつぎ込むことのできるRPGである.

 

FF5を久しぶりにやって気づいたことである.

ナイトのジョブレベルを3まで上げると,「りょうてもち」というアビリティが取得できる.これは片手用の剣・刀・斧を両手に持つことで,敵に約2倍のダメージを与えることができるアビリティだ.その代わり盾を装備することができなくなるが,敵を一撃で倒すことができる点で非常に魅力的なアビリティである.

 

ここで考えてみたいことがある.もしこの「りょうてもち」というアビリティがFF5に存在しなかったらどうだろうか.個人的な感想だが,序盤から中盤にかけての楽しみの半分がなくなると言っても過言ではない.それだけ私は攻撃力という概念に重きを置いている.

 

「攻撃力を好きに上げられてこそ」のRPGである.