読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菊次郎のつれづれ日記

ゲーム・政治・その他諸々、様々な物事の"本質"を解き明かしていきたい

【加藤武士様へ】当時の韓国内に韓国併合を望む「一進会」という団体があったようだ【お詫び】

歴史教育

この記事は,ツイッターでのニックネーム「加藤武士様(id:OCALHLb5RuxBcYG)(以下,「加藤さん」と表記)」へのお詫びの意味を込めて書かせていただきます.読者の皆様には恐縮ですが,この場を借りて経緯等を説明させていただきたく思います.

 

 

 

一日目

まずは私のツイッターページの固定ツイートをご覧ください.

これに対して加藤さんから以下の返信ツイートを頂きました.

さらに,id:@ekesete1さんからこんなツイ―トが続きます.(どこの誰かは存じ上げません.)

このツイートを見たとき,私ははっとしました.確かに私は「韓国が併合を希望した」ということをしっかりと自分の知見にしていなかったのですから.

そこで私は加藤さんに以下のツイートを質問として投げかけました.

このツイートをしてから5分ほどがすぎても連絡が無かったので,私が持っている資料で調べてみることにしました.調べを簡単に済ませたのち,直前のツイートから17分後,このようなツイートをしました.

実はこのツイートが結果的に嘘をついたことになるのですが,詳しくは後ほど.

続けて私はこのようなツイートをしました.

このときは「韓国が併合を希望した」という記述を見つけることができなかったため,こういったツイートをしました.実際は入念な確認ができていなかっただけなのですが…

その後,先のツイートを引用して加藤さんからこのようなツイートがありました.

ということだったので,「国民が知らない反日の実態・日韓併合の真実」のウェブページに赴き,簡単にさらっと読んでみました.

そのときのことを話すと,私は「韓国が併合を希望した」という記述を見つけることができませんでした.「希望」とページ内検索をしてもヒットは0件.このような記述はないものだと勝手に思ってしまいました.(本当は該当箇所が一文あったのですが…)

そんな私は,次にこのツイートをします.

この文章,いかにも煽っていますよね.まあ,当時の私としたら仕方のないことではあるのですが.

次にこういったツイートを加藤さんから頂きます.

ええそうなんです.確かに「合邦の希望」の箇所は記述がありましたね.

本当に,当時の自分を呪います.

ええ,ええ,やっていることは小学生ですよ.本当.申し訳ない.

 

ここで一旦まとめますと,私は加藤さんのことを「嘘つき」だと思っていました.ここでいう「嘘つき」とは,「事実を論拠とせずに,特定の勢力に有益なことを宣伝する人」のことです.そしてそれを私は「山賊の方」と名付けました.

そのため,加藤さんを私のツイッターリストの「山賊の方」というリスト項目に追加しました.

その後,加藤さんからこういったツイートが来ました.

とまあ,こんな具合だったので私もあまり時間を空けずに次のツイートをしました.

このツイートの後,私は私用がございましたので,長く外出をしておりました.その間に加藤さんからは以下のような@ツイートを頂きました.

その日は私も帰ってきたのが夜10時30分ぐらいで,もはや加藤さんに返信をする気力はありませんでした.

これが昨日の出来事です.

二日目

さて,今日のことになりますが,やはり気になります.もう一度ちゃんと文献を読んでみた結果,私は加藤さんが望む内容の記述に出会うことができました.以下に引用します.

それどころか親日派は「一進会」などという,日本への併合を望む団体まで作ってまで媚びてくる.

【出典】嘘だらけの日韓近現代史,倉山満,扶桑社新書,p.118

ああ,これが加藤さんの言っていた「韓国は併合を希望した」と言いたい箇所なのかと気づきました.これに気づいた後に,改めて「日韓併合の真実」のウェブページに赴き,「一進会」とページ内検索をかけてみると,1件ヒットするではありませんか.

以下に引用します.

当時朝鮮最大であった[要出典]政治組織「一進会」は、韓国皇帝(高宗)、首相(李完用)に「韓日合邦」の奏上文を提出しました。

これが加藤さんが指していた箇所だったのかなと今では思います.

また,当時の明治政府が「一進会」という団体を認知していたかどうかを知るため,アジア歴史資料センターで公文書を検索し,その文書にたどり着くことができました.政府も「一進会」の存在を認めていたようですね.

まとめ

ここで,倉山満氏の論述の私の勝手な信用により,「当時の韓国内に韓国併合を望む「一進会」という団体があったようだ」という言説をさせていただきます.

またそれに伴い,「韓国は併合を希望した」という加藤さんの言説は,一進会の存在により事実の一つとして認め,ここに加藤さんの「山賊の方」認定を解消いたします.

加藤さんには本当にお詫びの気持ちでいっぱいです.嫌ですよね,勝手に山賊呼ばわりなんて.加藤さんが「一進会」というワードをご提示さえしていただけたら,加藤さんにはこのような思いをさせることはなかったのにと,私の浅学ぶりをはなはだ痛感致します.まさに痛恨の極みです.

仮に読者の方やフォロワーの皆さんのなかで「韓国が併合を希望したという事実は存在しない」という観念を与えてしまったとしたら,それは全くの虚偽でございます.申し訳ございません.もう一度私の口から述べさせていただくと「当時の韓国に韓国併合を望む「一進会」という団体が存在したようだ」ということを,改めてお伝え申し上げて,文章の結びと致したく思います.

 

ここまでお読み頂き,誠にありがとうございました.

韓国併合の詳細については,気が向いたら記事にするかもしれません.