菊次郎のつれづれ日記

ゲーム・政治・その他諸々、様々な物事の"本質"を解き明かしていきたい

「やられる前にやれ」を体現したゲームは面白い

先ずは皆さんに一つ質問を。

皆さんは、どちらのゲームが面白いと思いますか?

「相手へ与えるダメージは大きいが、こちらが喰らうダメージも大きい。」

「相手から喰らうダメージは小さいが、こちらが与えるダメージも小さい。」

 

私なら断然、前者のダメージが大きいほうが面白いと思う。そのほうが緊張感があって、面白みが増すと考えるからだ。

(戦闘システムに造詣のある方なら、これは確定数とターン数の問題であると見抜いた方もいるかもしれない。)

 

「攻撃は最大の防御」という言葉がある。まあ要するに、「やられる前にやれ」ということだ。ダメージを受ける前に先手を取って相手を倒してしまえば、自分は無傷で済む。高い防具にお金を出すよりも、良い武器を買ったほうが、結果的に被ダメージを軽減できると、こういうことである。

確かに、ボス戦でも敵のダメージを軽減でき、こちらは戦闘不能の心配が無い、あとは時間をかけていたぶるだけだ、と展開が見えてしまうと、そのバトルは味気ないものになってしまう。とりわけこちらが与えるダメージが小さいのなら尚更だ。

だから私はこの「やられる前にやれ」を体現したゲームを称賛する。私が面白いと思うゲームには、こういった要素が組み込まれていることが多い。

 

(以下、具体例を述べる。加筆検討中。)

世界樹の迷宮2」というビデオゲームがある。可愛らしいキャラクターデザインとは裏腹に、3Dダンジョンを踏破していくオールドテイストのRPGだ。往年のRPGファンには、ウィザードリィに似たゲームとお伝えすれば、より理解が深まるのではないだろか。

世界樹の迷宮II 諸王の聖杯(特典無し)

さてこのゲーム、なかなかに難易度が高い。それはなぜか。敵からの被ダメージが高めに設定されているからである。最序盤でも、敵からダメージを3回喰らえば戦闘不能だ。敵パーティが2体の構成と3体の構成ではかなりの違いがある。

私はこのゲームを始めは何の攻略情報も無しに初見プレイを試みたが、あえなく全滅。次はと回復役(ドラクエでいうところの僧侶)をパーティに多めに加えて再トライしたが、それでもMPが尽きて全滅。どうにも上手くいかない。

(続きはアクセスが多ければ頑張って書くかも。)